【解決】netctl ipv6 振ってこない

netctlを使っているPCの一つでipv6が振ってこなかった問題の対処 - karubabuの日記
理由はわからないけれど解決した₍₍⁽⁽(ી( ‘ω’ )ʃ)₎₎⁾⁾

大体のパヨヨンをnetctlを使ってネットワークに接続しているのだけれど、
そのパヨヨンの中で一つだけipv6が振ってこないものがあった
/etc/netctl/wlan0~~~的なファイルを見ても問題なくipv6が振ってきている物と同じ内容でよくわかんない

Description='Automatically generated profile by wifi-menu'
Interface=wlp0s26u1u6
Connection=wireless
Security=wpa
ESSID=Buffalo-G-B090
IP=static
Address=('192.168.0.21/24')
Gateway='192.168.0.1'
DNS=('192.168.0.1')
key=xxxxxxxx

普通にv6 addrがあるパヨヨンも同じ設定なのでこれで振ってこないのはどうしてだろう

上記のファイルに、

IP6=dhcp

を追加するとdhclientでv6 addrを取得しようとする
けれどsystemctl status dhclientの結果を見たかんじだと取得しにいったけれど失敗して再試行しているみたいなログが無限に流れている
ぐぐってもよくわかんなかったので次に行った

IP6=dhcp
DHCP6Client=dhcpcd

を追加するとdhcpcdでv6 addrを取得しようとする
けれどsystemctl status dhcpcd の結果を見たかんじだと、
DHCP IPv6 lease attempt failed on interface
とか出てきて失敗している ぐぐる

[solved] netcfg: "DHCP IP lease attempt failed" / Networking, Server, and Protection / Arch Linux Forums
これが出てくるので試してみた
起動して即ip aするとv6 addrが振ってきているやったー!
と思って適当に
curl http://xn--ycka2nb.xn--q9jyb4c/ すると"ネットワークがありません"とか言われる
なんでや…と思いつつもう一度ip aするとv6 addrが消えている
dmesgを見ると、curlした瞬間にこれが出ているのが見えた
deauthenticating from (ここにmac addr)by local choice (reason=3)

[SOLVED] dissociating by local choice reason = 3
wlan deauth immediately after auth by local choice (reason=3) / Kernel & Hardware / Arch Linux Forums

ぐぐってみてもよくわかんないのでこの時点で諦めた
そもそも無線ドングルが悪いのかどうか?とかnetctli以外を使って見たか?とか
色々やるべきことはあるけれど正直このv6 addr が振ってこないパヨヨンはそこまでv6 addrが欲しいわけでもなかったわ

設定を色々戻して再起動してv6addrが振ってこないのを確認した後、試しに
dhcpcd -6 を叩いたら普通にv6addr振ってきた☝️に問題なくcurlも通った
なんで?