karubabuの日記

タイトルに解決って付いているものがあるけれど、別に付いていない物は解決していないというわけではないです。つまるところ記事を書いた後に解決してちょっと嬉しかったので付けました。

mkinitcpioするとERROR: file not found: `fsck.btrfs' が出るけれど特に問題なく終了する

タイトルの通りで別に放置していても困っていなかった
でも気になるね

なにがあった

mkinitcpioすると(pacmanlinuxパッケージが落ちてきたりsystemd回りが更新されたりするとこれが始まる)

==> ERROR: file not found: `fsck.btrfs'  
==> WARNING: No fsck helpers found. fsck will not be run on boot.  

なんてログが流れてくる
でも特に困らないし普通にコマンドも正常終了する

どうした

root パーテションはfsckフックによって起動時にfsckが実行される(このフックは重要で、実行されていないと困った時に泣きを見るらしい archwikiがいってた)
ファイルシステムにbtrfsを使っているだけだとbtrfsに関するゆーてれてコマンドが導入されないので

# pacman -S btrfs-progs

することで解決される

おわりに

困る前に気がついてよかったね

参考: mkinitcpio - ArchWiki