karubabuの日記

タイトルに解決って付いているものがあるけれど、別に付いていない物は解決していないというわけではないです。つまるところ記事を書いた後に解決してちょっと嬉しかったので付けました。

新しめの無線子機を使う時に確認しておきたいドライバ内容

なんか本文で何を言いたいのかよくわかんないね
新しめの無線アダブターを使おうとすると大体ギッヨパブからドライバーのソースコードを拾ってきて自前でビルドしてmodprobeみたいな流れをしなければならないよね
その無線アダプターが使うチップセットに対応したドライバでもその無線アダプターで使えることをドライバが知らないことがあるので、それを対応付ける作業が必要になるかもしれない
ということです

私もよくわかっていないけれど多分こんな感じだと思う

どういうことなものなの

ソースコードをcloneしてディレクトリの中に入った後grep USB_DEVICE\(0 ./os_dep/linux/usb_intf.cするとズラズラと何かが出てくる
これらがこのドライバをインストールした時に使える様になるデバイスの一覧、だと思っています
つまりここに無ければ起動しない(一敗)
ここに自分が使う無線アダプターの情報を書き加えてビルドし直す必要がある

どうした

公式がソースコードを公開している場合が多いので、それを取得してくる
公式が公開しているソースコードは自分の環境で動くかどうかは別として、その無線アダプターに対応したコードなので上記のデバイス一覧に間違いなく目的のコードが入っている
その行を見付ける為の目星を付ける必要がある
そこでその無線アダプターのBus IDを調べる
これはlsusbですぐ分かる
例としては、TP-LINK Archer T4U v3ではBus 003 Device 002: ID 2357:0115 TP-Linkとなっているので2357:0115のあたりがそれだと思う
後は公式のソースコードがあるディレクトリでgrep USB_DEVICE\(0 ./os_dep/linux/usb_intf.c | grep 2357とかをすると目的の行が見付けられる

後は知り得た情報を使ってソースコード追記する
追記するファイルは./os_dep/linux/usb_intf.c
追記する場合、プリプロセッサCONFIG_RTLXXXXBなどのディレクティブに注意して貼り付けること
大体コピペする予定の行にある.driver_infoCONFIG_に続く内容になっているので適当に探す

ビルドする できる

おわりに

これをTP-LINK Archer T4U v3についてやったものがこれです
GitHub - karubabu/rtl88x2BU_WiFi_linux_v5.2.4.4_26334.20180126_COEX20171012-5044: rtl88x2bu driver updated for modern kernels.
$ uname -r 4.17.12-gentooで動いています
多分もっときちんとググればこんなことプヨが既にやってあるコードを見付けられそう