lexima.vim 括弧補完で追加された記号のケツ側文字の背後をtabで取れるようにする

なんていえばええねんこれ

つまり何

lexima.vimは括弧とかクオートとか補完してくれる
補完して括弧内を一通り入力し終えた後、補完された括弧と同じ種類の綴じ括弧を入力することで
綴じ括弧を重複させず面倒なカーソル移動もせずに良い感じによしなにやってくれる
この"同じ綴じ括弧を入力"というのがしんどいのでvisual studioのようにtabキーを押せば綴じ括弧の後ろにカーソルが行くようにした

どうした

call lexima#add_rule({'char': '<TAB>', 'at': '\%#)', 'leave': 1})
call lexima#add_rule({'char': '<TAB>', 'at': '\%#"', 'leave': 1})
call lexima#add_rule({'char': '<TAB>', 'at': '\%#''', 'leave': 1})
call lexima#add_rule({'char': '<TAB>', 'at': '\%#]', 'leave': 1})
call lexima#add_rule({'char': '<TAB>', 'at': '\%#}', 'leave': 1})

これをinit.vimに書いた
まだ困っていないので最高です

5/26 日本語を改善した